【文明開化のトンデモ珍現象】


漫談(まんだん)とは、初代大辻司郎が命名したとされる、大正ごろに創設された演芸である。元来は音声付き映画(トーキー)が主流となったため失業した無声映画(活動写真)の活動弁士が、巧みな話術を生かして寄席の高座等に出演したのを発端とする。 基本的には漫談家と呼ばれる演者が立ちながらトークを行うもので、
6キロバイト (893 語) - 2021年9月7日 (火) 18:38