知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    カテゴリ:ニュース > 気象・季節・温度


    衣替え(ころもがえ)は、季節推移に応じて衣服を替えること。また、そのために衣服収納場所を変更することも指す。衣更え・更衣とも表記する。 狭義には、季節に応じて学生や企業制服(夏服、冬服など)を変更することを指す。日本では多く地域で、毎年6月1と10月1に一斉に衣替えが行われる。多く
    5キロバイト (774 語) - 2020年11月28日 (土) 18:22

    🤔衣替えはいつがベスト? 
    🧐おすすめの時期は?

    衣替えをいつすれば良いかは毎年悩みますが【最高気温】が【目安】になるそう。

    【20度前後】の日が続くようになったら、衣替えの合図。勿論、体感気温には個人差がありますが、羽織やストールを上手に取り入れて、温度調節をしてみましょう。

    また、衣替えは1日で済ませようとせず、週末や休みの日を利用して少しずつすすめるのがおすすめ。【秋は9月10月の連休】【春は5月の連休】も良いのだとか。

    今年はスケジュールを見ながらスムーズに取り組みたいですね。

    衣替えは、手持ちの服の種類や数、状態を見直せる絶好のチャンスなのです!

    だからこそ自分の手で触れ、目で見て確認するのが大切なのだそう。
    ★この時に見るべきポイントは4つ。

    1)サイズは合うかどうか
    2)色あせ、シミなどの汚れはないか
    3)毛玉、ヨレ、型くずれをしていないか
    4)これからも、ずっと着たいと思うか

    これらの項目で違和感を感じたら、手放すことを考えるサイン。迷ったら、鏡の前で着てみて決めちゃいましょう!

    ☺️服の見直しをすることにより、買い替える服・買い足すべき服のことが分かり、次の買い物の助けになります。

    💮季節の変化に応じて衣服を着替える日。

    🌻明治以降、官庁・学校・企業など制服を着るところでは6月1日と10月1日を「衣替えの日」としているところが多い。🍂

    🌅また、温暖な気候の南西諸島(鹿児島県の諸島と沖縄県)では、5月1日と11月1日が「衣替えの日」となっている。

    🍀 衣替えの習慣は平安時代の宮中行事から始まった。公家は4月に薄衣(うすぎぬ)・袷(あわせ)、5月に捻り襲(ひねりがさね)、6月に単襲(ひとえがさね)、8月1日~15日に捻り襲、8月16日~9月8日に生織(きおり)の衣、9月9日から生織の衣の綿入れ、10月~3月に練絹(ねりぎぬ)の綿入れを着用していた。🍁

    👕宮中行事では、夏服と冬服を着替えることを「更衣(こうい)」と呼び、民間では「衣替え」と言うようになった。🥼

    🥷江戸時代になると幕府は公式に年4回の衣替えでの出仕を制度化した。武家の制服は4月1日~5月4日に袷、5月5日~8月末に帷子(かたびら)、9月1日~9月8日が袷、9月9日~3月末に綿入れを着用し、一般庶民もこれに従った。

    🧑‍🎓現在では、衣替えは強制的なものではなくあくまで習慣である。しかし、学校においては2週間から1ヵ月間の移行期間が設けられ、その期間が終了すると強制的に制服を替える場合が多い。

    【今日10月1日は『衣替えの日』】の続きを読む


    ■秋は以外にカビが多い!

    ■秋はカビが過ごしやすい季節!

    🍀カビが発生しやすいのは、気温20〜30℃、湿度70〜80%以上。

    🍀東京の気温と湿度を例に見ると、これに当てはまるのが6〜7月の梅雨時期と、9〜10月ごろ。

    🍀秋は台風の季節でもあり、湿度が高いという点も梅雨時期と重なります。

    🍀ただ、気温と湿度が高いだけでカビが発生するわけではありません。カビが発生しやすいのは、汚れ×水分×気温という条件がそろったとき。

    🍀汗や雨に濡れた衣類をよく乾かさずにしまっていたり、衣類を洗わずに気温や湿度が高い状態で長期間保管しているとカビの発生リスクが高まります。

    🍀条件にもよりますが、早くて数日から数週間でカビが発生することも。

    🍀さらに、濡れた衣類が密閉された空間に入っているとクローゼット全体の湿度が上がり、カビが発生しやすい環境になってしまうので、生乾きの衣類は要注意!

    🍀また、汚れの中でもカビが好むのは、タンパク質と糖質。気がつかないうちに飲み物や食べ物、皮脂の汚れなどがついている服はカビの発生リスクを高めるので気をつけて。


    【知ってた?『秋はカビが多い』】の続きを読む


    秋分の日(しゅうぶんのひ)は、日本の国民の祝日の一つであり、祝日法により天文観測による秋分が起こる秋分日が選定され休日とされる。通例、9月22日から9月23日ごろのいずれか1日。 しばしば昼が短くなって「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれるが、実際は昼の方が少し長い。詳細は秋分を参照。
    9キロバイト (1,322 語) - 2021年7月23日 (金) 01:37


    「国民の祝日」の一つ。

    1948年(昭和23年)に公布・施行された「国民の祝日に関する法律」(祝日法)により制定。

    「秋の彼岸」の中日でもあるため、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ことを趣旨としている。

    この日は二十四節気の一つ「秋分」で、9月23日頃にあたる。昼と夜の長さが同じになる日とされるが、実際は昼の方が若干長い。

    「秋分の日」の前後三日間とこの日は「秋の彼岸」であり、墓参りをする人が多い。

    【今日9月23日は『秋分の日』】の続きを読む


    彼岸のころまで続き、彼岸をすぎるとやわらぐという。 俳諧では「彼岸」は春の彼岸を意味し、「彼岸」「彼岸前」「彼岸過」「中日」は春の季語である。 これに対し、秋彼岸は「秋彼岸」「秋彼岸」という。 春のお彼岸は春分の日(3月21日ごろ)を真ん中にした前後3一週間を指す。 秋彼岸は秋分の日
    7キロバイト (1,056 語) - 2021年9月19日 (日) 20:09


    「彼岸(ひがん)」とは、日本の「雑節」の一つで「お彼岸」とも呼ばれる。仏教に由来する行事とされ、3月の「春の彼岸」と9月の「秋の彼岸」がある。

    彼岸は、二十四節気の「春分(3月20日頃)」と「秋分(9月23日頃)」を中日(ちゅうにち)とし、前後各3日を合わせた各7日間であり、1年で計14日ある。

    この期間に行う仏教の行事を「彼岸会(ひがんえ)」と呼び、一般的にはこの期間に「お墓参り」をする。 彼岸の最初の日を「彼岸入り」や「お彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」や「お彼岸の明け」などと呼ぶ。

    なお、中日の「春分」は「春分の日」、「秋分」は「秋分の日」として国民の祝日となっている。

    2021年(令和3年)の「春の彼岸」の日付は以下の通り。
    3月17日(水)彼岸入り
    3月18日(木) 3月19日(金) 3月20日(土)中日(春分)
    3月21日(日) 3月22日(月) 3月23日(火)

    彼岸明け 同年の「秋の彼岸」の日付は以下の通り。
    9月20日(月)彼岸入り
    9月21日(火) 9月22日(水) 9月23日(木)中日(秋分)
    9月24日(金) 9月25日(土) 9月26日(日)彼岸明け 俗に、中日は先祖に感謝する日とされ、残る6日は、悟りの境地に達するために必要な6つの修行徳目「六波羅蜜(ろくはらみつ)」を1日に1つずつ修める日とされている。

    彼岸は仏教行事に由来するとされるが、彼岸の行事は日本独自のものであり、インドや中国の仏教にはない。歴史的には、806年(延暦25年)に日本で初めて仏教行事としての彼岸会が行われた。

    民俗学では、彼岸は元は日本古来の土俗的な太陽信仰や祖霊信仰が起源だろうと推定されている。

    民俗学者・五来重(ごらい しげる、1908~1993年)は「彼岸」という言葉の由来について、豊作を太陽に祈願する太陽信仰の言葉「日の願い」から「日願(ひがん)」となり、後に仏教用語の「彼岸」と結び付いたと説いている。

    日本では彼岸に供え物として、もち米とあんこを使用した「ぼた餅」や「おはぎ」と呼ばれる食べ物が作られ、食される。これらの名前は、彼岸の頃に咲く花である春の牡丹(ぼたん)と秋の萩(はぎ)に由来すると言われる。

    日本の気候を表す慣用句に「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がある。これは「冬の寒さ(残寒)や夏の暑さ(残暑)は彼岸の頃まで続き、彼岸を過ぎると和らぎ、凌ぎやすくなる」という意味である。

    彼岸に由来する花として「ヒガンバナ(彼岸花)」がある。ヒガンバナは、ヒガンバナ科の多年草で、鮮やかな赤い花を咲かせる。地下の球根には強い毒性がある有毒植物であるが、かつては飢饉(ききん)や災害の際に食べる救荒(きゅうこう)作物として球根のデンプンを毒抜きして食べていた。

    ヒガンバナの名前は、秋の彼岸の頃に、突然に花茎(かけい)を伸ばして鮮やかな赤色の花が開花することに由来する。

    その他の由来として、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、という説もある。 また、彼岸に由来する花として「ヒガンザクラ(彼岸桜)」もある。ヒガンザクラは、バラ科の落葉小高木で、本州中部以西に多く、観賞用として庭などに植えられる。 ヒガンザクラの名前は、春の彼岸の頃に花を咲かせることに由来する。各地のサクラの開花・満開を判断する標本木(ひょうほんぼく)の「ソメイヨシノ(染井吉野)」より少し早く開花するのが特徴である。

    【今日は『お彼岸の日』】の続きを読む


    」を指し、十五夜に限定されなくなる。「仲秋」とは、秋を初秋(旧暦7)、仲秋(同8)、晩秋(同93つに区分した場合、旧暦8全体を指す。対して「中秋」とは「秋の中日」=旧暦815日のみを指す。 加えて、中秋の夜に雲などでが隠れて見えないことを「無(むげつ)」、中秋の
    18キロバイト (2,586 語) - 2021年9月20日 (月) 03:53


    中秋の夜に雲などで月が隠れて見えないことを「無月(むげつ)」、中秋の晩に雨が降ることを「雨月(うげつ)」と呼び、月が見えないながらもなんとなくほの明るい風情を賞するものとされる。

    「望(ぼう・もち)」は満月を指す。また、俳諧では旧暦8月14日~15日の夜を「待宵(まつよい)」、16日~17日の夜を「十六夜(いざよい)」と称して名月の前後の月を愛でる。

    また、旧暦8月15日は、日本の六曜で必ず仏滅になることから、俗に「仏滅名月」とも呼ばれる。

    英語圏では同時期の満月を表す表現として「Harvest Moon」や「Hunter's Moon」がある。

    「中秋の名月」の日付は以下の通り。 2016年9月15日(木)
    2017年10月4日(水)
    2018年9月24日(月)
    2019年9月13日(金)
    2020年10月1日(木)
    2021年9月21日(火)   

    「中秋の名月」に由来する記念日には「すっぽんの日」「月見酒の日」がある。

    【今日9月21日は『中秋の名月』の日】の続きを読む

    このページのトップヘ