知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    カテゴリ:ニュース > 事故・災害


    防災の日」を含む1週間を防災週間として、様々な国民運動が行われる。 「防災の日」は、1960年(昭和35年)に、内閣閣議了解により制定された。9月1の日付は、1923年(大正12年)9月1に発生した関東大震災にちなんだものである。また、例年8月31 - 9月1付近は、台風
    3キロバイト (461 語) - 2021年8月26日 (木) 06:33


    ⬛1923年(大正12年)の9月1日午前11時58分、関東大震災が発生した。   

    ◆関東地方をマグニチュード7.9の大地震が襲い、死者・行方不明者14万2800人、家屋全半壊25万戸、焼失家屋44万戸という大災害となった。

    ▶ この日を忘れることなく災害に備えようと、1960年(昭和35年)に9月1日が「防災の日」として閣議決定された。

    ▶この日を挟んだ8月30日から9月5日の1週間が「防災週間」となっている。

    ▶ 「防災用品点検の日」は、防災システム研究所の防災アドバイザー山村武彦氏が制定。関東大震災が起きた9月1日のほか、季節の変わり目となる3月1日・6月1日・12月1日の年4回。

    ▶この日には全国で防災訓練が実施される。また、個人でも非常用の飲料水・食料・消火器・避難ロープなどの防災用品の点検を実施する日。

    ■「防災用品点検の日」は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

    【今日は『防災の日』備えあれば憂いなし!】の続きを読む


    庄内川は都市河川にもかかわらず、河口域には藤前干潟等の豊かな河川環境も残されている。 下流域の名古屋市旧市街地を洪水から守るために、「洗堰」と呼ばれる越流堤や小田井遊水地(庄内緑地公園)などの遊水地を旧市街地の反対側に整備している。新川も、そうした庄内川氾濫対策の一つとして整備されたものである。
    24キロバイト (2,775 語) - 2020年10月21日 (水) 19:51


    ◆愛知県の庄内川ご一時氾濫危険水位に!
    ■この大雨の影響で土砂災害の危険度が高まっているとして、土砂災害警戒情報が多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市に出ている。
    ■岐阜県で今後1時間に降る雨の量は、多いところで50ミリと予想されている。
    ■気象台は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒を呼びかけている。

    【【土砂災害の危険!】『庄内川氾濫危険水位』】の続きを読む


    観光ホテルを避難所に 長期化で先行き不安も 熱海土石流(あなた静岡新聞) - Yahoo!ニュース ^ 静岡・熱海の土石流災害 さらに1人死亡確認、死者12人に 避難者は全館貸し切りで別ホテルに移動へ(静岡朝日テレビ) - Yahoo!ニュース ^ 【熱海金城館・ウオミサキホテル】「令和3年7月熱海豪雨災害」被災者受け入れについて
    46キロバイト (6,374 語) - 2021年8月4日 (水) 02:00


    熱海市の土石流被害は、その後どうなっているのか?

    静岡県熱海市で発生した土石流災害から8月3日で1ヶ月が経った。
    被災した伊豆山地区では23名が死亡、今もなお、行方不明者4名の捜索が懸命に続けられている。熱海市では発災時刻にあわせて黙祷がおこなわれた。
    ▶◀◁▷▶◀◁▷▶◀◁▷ 

    多くの市民が不安を抱えるなか、元AKB48のメンバーで熱海市出身の島田晴香(28)は8月1日「熱海市・大雨土砂災害復興支援プロジェクト」というクラウドファンディングをたちあげた。

    島田の実家は熱海市の中心部にある老舗旅館「立花」。島田は2017年にAKBを卒業後、自身の会社を経営する傍ら旅館の若女将として家業の広報・接客を担当している。
    島田は今回、なぜクラウドファンディングをはじめたのか?

    島田は、AKB時代に、東北の被災地支援に何度も行かせてもらった経験がある。
    ▶島田は言う
    やっぱり私自身が地元に対して「どうにかしたい」という気持ちがありました。被災された人が避難しているホテルにも行かせて頂いて、「いま、何が必要なんだろう?」と思ったのですが、被災者の方にそんなに気軽には話しかけられず…。
    「なんて声をかけたらいいんだろう」というのも私の中でありました。そこで、友人から災害ボランティアの経験が豊富な方を紹介してもらい、その方の助言に従いました。
    最初はボランティアとして水を運んだりしていた。
    被災地が熱海側と湯河原側で分断されていて、湯河原側の方はおじいちゃん、おばあちゃんが多く、給水地まで水を取りに来るのも難しいっていうので。でもそこで気づいたのが、タイミングよく必要な物だけが届くわけではないという事にきづいた。
    全国の皆さんが市役所などに救援物資をたくさん送ってくださり、ありがたかったのですが、食べ物などは冷蔵保存しないといけないものも多く、かといって冷蔵庫がそんなにあるわけでもない。運ぶのにも時間がかかる。一方で薬や生理用品は足りないということもあって、混乱することもありました。

    そんな中で一番耳にしたのが、やっぱり「自分が住んでいたところに戻りたい」とか「またこの街に住みたい」という声です。その為には「やっぱりお金が必要だ!」ということで、クラウドファンディングを立ち上げました。もちろんお金が全てではないんですが、まずはとにかく熱海のためになることをやりたいという思いが強かったです。
    ♦決して「風化させてはいけない」災害
    世間はオリンピック一色で今日、五輪閉会式を迎える
    ただ、やっぱり逆にテレビを見ていて感じたのは、「オリンピックに話題を取られちゃったな」ということです。
    どんどん熱海のニュースが取り上げられなくて。いわゆる「忘れられた出来事」になってしまうんじゃないか…というのが、すごく私の中で怖くて。。。
    多くの人が亡くなっていますし、決して風化させてはいけない災害だと思います。

    実は、クラウドファンディングの立ち上げは「もう少し早く」と思っていたのですが、丁度オリンピックの開会式のタイミングと被ってしまって。
    それだとニュースでも取り上げられない気がして、災害から1ヶ月の時期に変更しました。タイミングと言うと変ですけど、何かしら波を立てることが出来るんだったら、そっちのほうが多くの方の目に触れられるかなと思ったので。

    島田の呼びかけを指原莉乃や横山由依、永尾まりや、山内鈴蘭など、現役AKBメンバーやOGがリツイートし、クラウドファンディングが立ち上がったことは次々と拡散された。その結果、目標金額として定めていた100万円は立ち上げの翌日に早々に突破した。集まった寄付金は、手数料を除いた全てが熱海市に寄付されるという。
    「協力してくれたメンバーや、ファンのかたには本当に感謝しています。ですが、支援はまだまだ必要なんです。」
    因みに今回の東京五輪に費やした金額は1兆6千億円超えともいわれている。
    さあ、コロナ感染も加速していく中、日本経済を今後どの様にしていくのか?
    昭和の高度成長期とはわけが違う!




    【【風化させない!】『元AKB島田晴香が語る熱海の土石流その後』】の続きを読む


    はるばる大分から自家用車で1人熱海市にIN。土砂の中に埋もれているであろう人を助けに!
    熱海市役所の災害対策本部を訪れ、「警察や消防が全然、気づかない場所に危篤状態の人が何人もいるかもしれない」と捜索活動への協力を申し出た。しかし、同市は2次災害などの危険もあることから現在はボランティア活動を受け入れておらず、尾畠さんの申し出は断られた。
    『早く行って土どけて引っ張り出してあげたいだけですよ!トップの方とサシで話しをしてもいいですよ!』とまで言われてる姿を観て少しまぶたが熱くなった!

    【『スーパーボランティア尾畠さん』】の続きを読む


    静岡県は、4日午後4時からの災害対策本部会議で熱海市で発生した土石流の起点にあった盛り土がすべて崩壊し、流出したと発表した。
    土石流の起点は海岸から2キロほど上流の地点だそうだ。 
    起点の周辺では幅約100メートル、長さ100メートルほどにわたって、深さ10メートル程度が崩れたとみられる。
    あまりにも悲惨な映像で被災地で土砂崩れに巻き込まれた方々が、お気の毒で言葉がありません。
    自然の力には無力な人間が悔しい!


    【【続報】「熱海市の今日の土石流」】の続きを読む

    このページのトップヘ