知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    カテゴリ:スポーツ > 相撲


    元大関・琴欧洲には白鵬の35勝10敗。白鵬の横綱昇進後は白鵬の25勝6敗。 元大関・琴光喜には白鵬の23勝9敗(不戦勝1含む)。白鵬の横綱昇進後は白鵬の13勝4敗(不戦勝1含む)。 元大関・把瑠都には白鵬の25勝3敗。白鵬の大関在位中は白鵬の3戦全勝。白鵬の横綱昇進後は白鵬の22勝3敗。 元大関・琴奨菊には白鵬
    289キロバイト (47,122 語) - 2021年9月26日 (日) 18:25


    🔲大相撲の第69代横綱・白鵬(36)=宮城野=が現役を引退する方向であることが26日、分かった。
    ⚪進退を懸けて出場した7月の名古屋場所では、最多を更新する45回目の優勝を16回目の全勝で飾った。しかし、右膝の状態が思わしくなく、土俵を去ることになった。
    🏆優勝回数、横綱在位84場所、通算1187勝、幕内1093勝など数々の最多記録を打ち立てた大横綱が、約20年の力士生活に別れを告げる。
    💪心身共に頑丈な力士であったが、特にあのエルボーをかっくらった相手の力士はたまったもんじゃあない。既に相撲界から去った朝青龍が悪役なら白鵬は善役と思った人も多かったのでは?
    👏日本の芸能界にも馴染んだ力士でもあった。素晴らしい力士であった事には間違いない。


    【モンゴルの勇者・また一人相撲界から引退!】の続きを読む


    を上げ、場所後の番付編成会議で9月場所での新十両昇進が決定した。新十両昇進と同時に四股名を今の師匠の旭富士(伊勢ヶ濱親方)と、現役時代は伊勢ヶ濱部屋(ただし今の伊勢ヶ濱部屋とは系統的つながりはない)の所属だった國という2人の横綱にちなんだ「照ノ富士」と改める。会見では「立合いが相撲の70%を占め
    110キロバイト (18,606 語) - 2021年7月21日 (水) 00:58


    【照ノ富士】
    『不動心を心がけ』第73代横綱昇進!
    地獄からはい上がり、ついに角界の頂点に上り詰めた。大相撲名古屋場所で横綱・白鵬と最後まで優勝を争った大関・照ノ富士(29)=本名・ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=の横綱昇進が18日、確実になった。日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)が審判部から昇進を諮る臨時理事会の開催を要請され、受諾したと明かした。来日時から「命を懸ける」決意で相撲に臨んできた照ノ富士。11年間の土俵生活は文字通り、命懸けの挑戦だった。
    ★家族を楽にする為、絶対 にプロになる!大相撲に行ったら命をかけてやります
    鳥取城北高等学校3年生の時に誓った照ノ富士の言葉だった。


    【【第73代横綱誕生!】『照ノ富士横綱昇進』】の続きを読む


    白鵬 翔(はくほう しょう、1985年(昭和60年)3月11日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身で宮城野部屋所属の現役大相撲力士、第69代横綱(2007年7月場所 - )。2019年9月3日に日本国籍を取得。 本名同じ。帰化前はムンフバッティーン・ダワージャルガル(モンゴル語キリル文字表記:Мөнхбатын
    269キロバイト (43,740 語) - 2021年7月18日 (日) 02:24


    ❨記者❩
    3月に右膝に手術をしました。たくさんの葛藤があったと思いますが、やってよかったですか。

    ❨白鵬❩
    本当に迷いましたけど、もう二度と土俵に上がれないんじゃないかという思いで臨みましたけど、はい、よかったです。

    取り組み内容を観ても、かなりきつかったに違いない!
    <ひじ鉄、ビンタ> 

    おめでとうございました。

    【球界&相撲界【翔】で決まり❢『大相撲・白鵬翔優勝』】の続きを読む


    引退時、小学館の学習雑誌は急遽・読みきり漫画の「日本一の人気力士高見山」を掲載した(後に、単行本化された)。引退の翌年(1985年)には、引退までの半生を描いたテレビドラマ「どすこい!大五郎 髙見山物語」(フジテレビ)が放送され、髙見山(正確には東関)も自身の役で出演(主演)している。髙見山夫人は丘みつ子が演じた。
    51キロバイト (7,304 語) - 2021年7月5日 (月) 10:21


    1972年(昭和47年)7月16日、大相撲名古屋場所で、ハワイ出身の力士・高見山大五郎が外国人力士として初めて幕内優勝した。

    高見山はアメリカのハワイ州マウイ島出身、米国名は「Jesse James Wailani Kuhaulua」で、愛称は「ジェシー」だった。高砂部屋所属で、当時は東前頭4枚目であった。翌場所、外国人力士として初の関脇の地位に昇進。
    後、丸八布団のコマーシャルにも出て話題になり布団の中に羊の毛が倍入っているとの宣伝で、ジェシーが指で『2倍〜2倍〜』というキャッチフレーズが当時は流行った!

    【今日は『外国人力士初優勝の日・高見山』 】の続きを読む

    このページのトップヘ