知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    タグ:アニメ


    dictionary ^ 津堅信之『日本アニメーション力 85年歴史を貫く2つ軸』NTT出版、2004年、p20 ^ 津堅信之『アニメ作家として手塚治虫 その軌跡本質』NTT出版、2007年、p.20 アニメ!アニメ!勝手な用語集 第1回アニメとアニメーションの違い アニメ!アニメ! Archived 2010年7月6日
    112キロバイト (15,770 語) - 2021年10月12日 (火) 09:31


    🤔何が違うの?

    ✧漫画とは、絵と文字で表現された物語のこと。

    ✦アニメとは、アニメーションの略で、動作や形が少しずつ異なる絵や人形を一コマずつ撮影し、連続して動いて見えるように作られたもののこと。

    ✥基本的な定義からすれば、漫画とアニメ(アニメーション)の違いは、絵と文字のみで作られたものが「漫画」

    ✪因みに、評論家であり「多重人格探偵サイコ」などの原作者で知られる、大塚英志氏は著書のなかで「漫画」や「コミック」という言葉は使わず、一貫して「まんが」と呼んでいます。

    【知ってた?『漫画とアニメの違い』】の続きを読む


    漫画 > 日本の漫画 > 日本の漫画の歴史 日本の漫画の歴史(にほんのまんがれきし)では、日本の漫画の歴史について述べる。 滑稽さ、風刺性、物語性などを持った絵画作品ことを「漫画」と呼んだは少なくとも明治時代中後期以降であった。この時期以前呼称および形式については適宜後述する 現代漫画
    53キロバイト (8,362 語) - 2021年10月6日 (水) 00:36


    ◆日本の漫画の歴史
    滑稽(こっけい)さ、風刺性、物語性などを持った絵画作品のことを「漫画」と呼んだのは少なくとも明治時代中後期以降であった。
    ♦ノスタルジックな雰囲気が魅力的な、明治・大正時代を舞台にしたおすすめマンガをピックアップ♪
    ❒MAO 1. 高橋留美子 
    ❒大正殉愛 金魚撩乱 
    ❒鬼滅の刃 
    ❒ニュクスの角灯
    ❒大正処女御伽話 
    ❒るろうに剣心―明治剣客浪漫譚― モノクロ版 
    ❒首を斬らねば分かるまい
    ❒アンパンメン-明治起業家譚- 単行本版
    【まんが王国『日本の漫画の歴史』】の続きを読む


    【画像】『海賊王女』いろいろ


    MXほかにて国内放送中。 「18世紀」「王女」「侍」「海賊」をそれぞれテーマとしたオリジナルテレビアニメ作品。 18世紀の太平洋、それはとある少女が持つ記憶から始まるストーリー。フェナ・ハウトマンは、父親と船旅に出たが、海賊に襲われてしまい、自身一人が小型ボートで漂流して命を結い付
    16キロバイト (1,907 語) - 2021年10月18日 (月) 21:25
    18世紀×王女×侍×海賊!

    ♡ホワイトマージナル!

    •海賊の凶気……剣
    •侍……………………刀

    ✯この発想に手裏剣を投げたくなった!


    【【アニメ】18世紀×王女×侍×海賊!『海賊王女』】の続きを読む


    【カエルDX・漫画の世界】
    🐸絵日記のクオリティーを指摘される絵日記
    🐸コンビニ弁当ばっか食ってるから太るんだ漫画
    🐸甘いの食うと塩辛いの食べたくなるよな漫画
    日々の生活に密着した漫画が実におもしろい!


    【【カエルDX】『コンビニ飯の闇絵日記』】の続きを読む


    ロボットアニメ(和製英語:robot anime)とは、ロボットを中心的題材としたアニメーションのこと。物語性のある作品であれば主人公格に据えたものをいう。多くは「メカアニメ」と呼ばれる上位カテゴリに含まれ、カテゴリ内の中心的一分野を形成する。 これを他と区別して語られるべきものとして捉えるのは2
    31キロバイト (4,115 語) - 2021年9月19日 (日) 03:25


    日本国内で製作されているロボットアニメは外国に輸出され、中には世界各国で放送されたものもある。

    地域によっては日本国内以上の人気を得たアニメもあり、1970〜80年代にかけて輸出された『UFOロボ グレンダイザー』(ヨーロッパでは「ゴルドラック」や「アトラス」などに改題されている)は、ヨーロッパ圏で高視聴率をキープした記録がある。

    1979年にフィリピンに輸出された『超電磁マシーン ボルテスV』は当時のマルコス政権打倒に貢献したとして、フィリピンで認知度100%の国民的アニメになっていると日本でも報道された。

    アメリカでも
    『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』(1984年)
    『アイアン・ジャイアント』(1999年)
    『シン・バイオニックタイタン (英語版)』(2010年)
    『ベイマックス』(2014年)
    などのロボットアニメが製作された。CGを多用した作品が多いのも特徴のひとつである。

    日本との合作も多く、そのうち
    『ロボテック』(1985年)は
    『超時空要塞マクロス』『超時空騎団サザンクロス』『機甲創世記モスピーダ』を
    『ボルトロン』(1984年)は
    『百獣王ゴライオン』と『機甲艦隊ダイラガーXV』
    を1つの作品に繋げて輸出したもので、独自に展開した派生シリーズの中でリブートの『ヴォルトロン』(2016年)は日本でも公開された。

    韓国においては
    『テコンV』(1976年)と呼ばれるスーパーロボットアニメを皮切りに、数々のロボットアニメが製作された。その中で『幻影闘士バストフレモン』(2001年)
    日本との合作で『無限戦記ポトリス』(2003年)などは日本国内でも放送された。

    他にも変身自動車トボト、ハローカボトなどがある。 中国や台湾においても『星原戦記アストロプラン (中国語版)』(2010年)
    『戦闘装甲鋼羽 (中国語版)』(2011年)
    『超限猎兵凯能 (中国語版)』(2013年)
    『重甲機神Baryon (中国語版)』(2018年)など数々のロボットアニメが製作されている。
    中には日本と中国が合作した『重神機パンドーラ』(2018年)
    中国・香港・マカオ・台湾が合作した『黎明之神意 (中国語版)』(2014)のような作品もある。

    ヨーロッパではオリジナルのロボットアニメこそ製作していないものの、1980年代にハンナ・バーベラ・プロダクションが製作した『マシンロボ』の北米展開版アニメなど、日本製作以外のロボットアニメを放送したことがある。

    【また観たい!『ロボットアニメ』】の続きを読む

    このページのトップヘ