知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    タグ:パイレーツ


    筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。MLBのピッツバーグ・パイレーツ所属。 兄は橋本市でスポーツ教室を運営する筒香裕史。 実家は橋本市内でガソリンスタンドを営んでいた。小学2年の時に和歌山ニューメッツで野球を始めた。
    64キロバイト (7,625 語) - 2021年9月19日 (日) 08:52


    ◆筒香嘉智は、ご存じの通り、8月のパイレーツ移籍前までキャリアの瀬戸際に立たされていた。
    ▶タンパベイ・レイズではチーム2番目の高給取りながらもまったく結果が出ず、87打席で打率.167、0本塁打となって事実上の解雇処分に。
    ▶その後、ロサンゼルス・ドジャースに移籍したものの、12試合で打率.120、長打0本で6月5日にマイナー降格となった。
    ▶しかし、3Aでフォームを1から見直すと、日本時代の様な打棒がよみがえり、再建中のパイレーツからお声がかかり、8月16日にメジャー再昇格。
    ●新天地でのデビュー戦は古巣ドジャース戦だったが、在籍時には1本も打てなかった長打を初打席でマーク(二塁打)すると、移籍後4試合目・今季42試合目にして待望の第1号本塁打も記録した。
    ●翌日にも2試合連続アーチを放つなど、自身初のサヨナラ弾も含めて8月は14試合(35打席)で5本塁打と絶好調。
    ●9月になってからも勢いは衰えず、何とパイレーツ加入から31試合目で、すでにチーム2位タイの8本塁打を叩き込んでいるのだ。しかも、ただ本塁打が出ているわけではなく、打率.306、出塁率.396と内容も充実。
    ✔何より、移籍以降のOPS(出塁率+長打率)1.096はその間のメジャー5位と、球界トップクラスの打棒を披露しているのである。
    ✔OPSは.900を超えれば一流、1.000ともなれば超一流の領域だ。
    ♦現在、両リーグでOPS1.000以上はブライス・ハーパー(フィラデルフィア・フィリーズ)とブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)の2人だけ。
    ●もちろん、筒香の成績は1か月程度のもので単純な比較はできない。けれども、レイズやドジャースでは到底メジャー級の成績でなかった男が、短期間でも“狂い咲き”しているのは確かな好材料ではないか。
    ✔今オフに2年契約が終了し、FAを迎える筒香。前半戦の時点では限りなくオファーはゼロと思われた中、ここに来ての進化で「メジャー3年目」も見えてきたのは間違いない。

    【モンスター筒香嘉智が戻って来た!】の続きを読む


    『パイレーツの筒香嘉智のHR動画』


    筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、和歌山県橋本市出身プロ野球選手(内野手)。右投左打。MLBピッツバーグ・パイレーツ所属。 兄は橋本市でスポーツ教室を運営する筒香裕史。 実家は橋本市内でガソリンスタンドを営んでいた。小学2年時に和歌山ニューメッツで野球を始めた。
    63キロバイト (7,589 語) - 2021年9月5日 (日) 06:54



    ⚾パイレーツの筒香嘉智外野手が5日(日本時間6日)、敵地のカブス戦で2試合連発となる先制の7号ソロを放った。移籍後2度目の2戦連発、12安打のうち11本が長打。

    ⚪  ⚪  ⚪  ⚪  ⚪  ⚪ ⚪

    🥎「2番・右翼」で先発出場すると、初回の第1打席でアーチ。移籍後7本目の本塁打と活躍を続ける筒香に「多くの球団が来季に彼を欲しがるかも」と地元メディアが戦々恐々とし始めた。

    【【MLB】パイレーツ筒香のホームランでスッキリ!】の続きを読む


    筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。MLBのピッツバーグ・パイレーツ所属。 兄は橋本市でスポーツ教室を運営する筒香裕史。 実家は橋本市内でガソリンスタンドを営んでいた。小学2年の時に和歌山ニューメッツで野球を始めた。
    63キロバイト (7,428 語) - 2021年8月30日 (月) 17:30


    パイレーツの筒香嘉智は現地8月29日(日本時間30日)、本拠地PNCパークでのカーディナルス戦に6番・右翼で先発出場すると、2点を追う9回に場外へと消える逆転サヨナラ3ランを放った。
    ⚪ ⚪  ⚪  ⚪ ⚪  

    地元紙『ピッツバーグ・ポスト・ガゼット』は、同日付で電子版に「彼はアツい:ヨシ・ツツゴウが引き続きパワーを見せつけ、パイレーツをサヨナラ勝ちに導く」と題した記事を掲載。

    その冒頭で、ともに降板後のクールダウンを行っていたウィル・クロウとチャド・カールの2投手が、9回裏にランナー2人を置いて筒香が打席に入った際に、交わした会話が掲載された。

    「通りかかったチャドが“ここでヨシ弾なんてどうかな?“って言ったんだとクロウは思い起こし、「で、僕らは、“ああ、そうなったら最高だね“って話していたんだ」と振り返ったとした上で、「彼らの願いはほぼ即座に現実になった」とした。 「ツツゴウはレイエスの投じた初球のスライダーをかっ飛ばし、右翼スタンドからコンコースへと飛び込む一打を放った」と、サヨナラ弾について伝えた。

    記事によるとこの筒香の逆転ホーマーの推定飛距離は422フィート(約128.6メートル)で、打球初速は105.8マイル(約170.3キロ)だったとのこと。

    また、前出のクロウは筒香について「ヨシは最高だね。僕らはロッカーメイトだし、ちょっと会話もするんだ」。 「彼は本当に良いチームメイトで、彼が僕らと一緒にプレーするなかで、良いスタートを切って、好調なのを見るのは良いね。彼はアツいよ。良い選手を見るのは素晴らしいこと。彼が打線にいるのは楽しいよ」と述べている。

    記事ではパイレーツ加入後の筒香について、「素晴らしい」と評しており、「パイレーツでの13試合で、彼は打率.333、1.424 OPS、11打点としており、これには二塁打2本、三塁打1本、本塁打5本が含まれ、これまで彼が打った安打で長打にならなかったのは1本のみである」と、新天地で持ち前のパワーを発揮する和製スラッガーについて伝えた。

    パイレーツを率いるデレック・シェルトン監督は筒香について、「彼はずば抜けて素晴らしいし、これはヨシの手柄だね。彼は日本で素晴らしいキャリアを築いた選手なんだ。彼はメジャーへやって来て、苦闘したときもあったし、マイナーリーグへ落ちながらも、課題に取り組んで調整を続けてきたんだ。我々はその恩恵に授かっているんだ」と述べた。 自軍にやって来ると同時に、にわかにメジャーで結果を出し始めたメジャー2年目の筒香の活躍に目を細めている様子である。

    【ツツツツゴウ!『筒香嘉智5号ホームラン』】の続きを読む


    筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。MLBのピッツバーグ・パイレーツ所属。 兄は橋本市でスポーツ教室を運営する筒香裕史。 実家は橋本市内でガソリンスタンドを営んでいた。小学2年の時に和歌山ニューメッツで野球を始めた。
    63キロバイト (7,431 語) - 2021年8月27日 (金) 08:12




    (出典 i.daily.jp)


    本領発揮!パイレーツ筒香
    ホームラン⚪⚪⚪⚪

    1 ひかり ★ :2021/08/24(火) 11:08:44.62

    <パイレーツ-ダイヤモンドバックス>◇23日(日本時24日)◇PNCパーク

    スタメンから外れたパイレーツ筒香嘉智外野手(29)が、代打で途中出場し、新本拠地で初となる今季3号のソロ本塁打を放った。

    2-5と3点ビハインドの7回、先頭打者として代打で登場。救援右腕クラークに対し、2球でカウント0-2と追い込まれたものの、3球目の時速95・7マイル(約154キロ)の速球を、弾丸ライナーで右翼席へ運んだ。

    パイレーツ移籍後の筒香は、移籍後、6安打中5本が長打(本塁打3、二塁打2)と、持ち前のパワーを発揮している。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/930526dd7a30be7b7f59610136d662ea7c5078d9


    【【MLB】ツツツツゴウ!パイレーツ筒香嘉智4号ホームラン! 】の続きを読む

    このページのトップヘ