知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    タグ:海


    1ドル=79円台まで進行した円高際には、国内旅行海外旅行の費用が逆転するケースが発生するようになり、その後円安に振れているものの、海外旅行は日本周辺国へ旅行を中心に一般化している。日本国内旅行よりもなぜ海外が安いかは不詳な点が多いが、一説には現地物価や人件費差などが指摘されている。
    30キロバイト (2,724 語) - 2021年5月27日 (木) 05:01


    ♦海外旅行について

    海外旅行とは、外国(国外)を目的地としてする旅行のことである。

    🇯🇵日本は島国であるため、外国を意味する表現として「海外」が用いられる。

    そして、日本人が国外へ行くには海を越える必要があるため、外国への旅行に関してこのように表現するのが一般的となっている。
    🇺🇸 🇦🇺 🇧🇫 🇹🇩 🇹🇷 🇹🇯 
    世界においては、例えば英語では、日本における表現と類似した「overseas travel」の表現もあるが、「international travel」(国際旅行)、「traveling abroad」(外国旅行)などが、海外旅行に相当する表現となる。

    海外旅行者第1号は幕末のジョン万次郎ではないかといわれている。正式には日本が近代国家として成立した明治時代以降になるが、いずれにしても一般市民には観光を目的とした海外旅行は無縁であった。

    海外旅行が一般化し始めたのは1970年代からで、1972年(昭和47年)には海外渡航者数が100万人を突破した。
    因みに、記事見出し写真の題名は 👉 かぶった!

    【今日10月19日は『海外旅行の日』】の続きを読む


    ンタルトレーナーでブラインドセーラーの岩本光弘(HIRO)とニュースキャスターの辛坊治郎が小型ヨットで太平洋横断するプロジェクトである。 「ブラインドセーリング」プロジェクトとは、2013年6月8日からHIROと辛坊が日本国大阪府大阪市此花区の北港ヨットハーバーから福島県いわき市小名浜港への練習
    119キロバイト (18,600 語) - 2021年8月19日 (木) 01:30


    ヨットで太平洋を“往復”横断しているキャスターの辛坊治郎氏(65)が、24日午前9時20分頃にゴールした。

    同日放送のニッポン放送『垣花正あなたとハッピー!』内で伝えられた。

    【写真】まるで別人…!辛坊治郎氏、出港時のヒゲなしガッツポーズ 辛坊氏は「ありがとうございました! いやー疲れた。本当にありがとうございました。垣花さん、帰ってきました」とかみしめるように語った。
    ◆♦◆♦◆♦◆♦◆♦◆
    ▶1962年、世界初の小型ヨット単独無寄港太平洋横断に成功した冒険家の【堀江健一さん】以来の快挙 !
    ▶以降、堀江は、1974年、日本初の小型ヨット単独無寄港世界一周にも成功している。
    ❖太平洋で1人ぼっちだった!〜辛坊治郎さん。
    ❖無事生還、おめでとうございます!

    【【太平洋で一人ぼっち辛坊生還】】の続きを読む


    水の日(みずひ)は、水資源有限性、水の貴重さ及び水資源開発重要性について国民関心を高め、理解を深めるための日記念。毎年8月1。 1977年(昭和52年)5月31閣議了解により水の週間と合わせて定められた。年間を通じて水の使用量が多く、について関心が高まる8月
    2キロバイト (296 語) - 2021年7月19日 (月) 09:29


    国土庁(現:国土交通省)が1977年(昭和52年)に制定。

    今日8月1日は、一年のうち水を最も使う月が8月であり、その月の最初の日を「水の日」としたもの。
    「水の日」の8月1日から「水の週間」(8月1日~7日)が始まる。限りある水資源の大切さを考えてもらい、節水を呼びかけることが目的。

    【今日は『水の日』】の続きを読む


    ビーチバレープロチーム、ウィンズを設立した。2004年にビーチバレーに転向した浅尾美和は、モデルなど活動を通してこれまでビーチバレーに関心低かった層からも大きな注目を集めている。 近年は、室内とビーチの相互交流によって一体的に強化を図るが世界流れとなっており、ビーチ
    23キロバイト (2,929 語) - 2021年7月30日 (金) 06:39


    今日7月31日はビーチ(砂浜)は波によって砂が形成され浄化されることから、「な(7)み(3)がい(1)い」(波がいい)と読む語呂合わせから。

    海に囲まれた島国の日本は古来より海の恩恵を受けてきた。
    その海と陸の境目であるビーチが通年で利用され、活性化につながるように、ビーチの大切さを多くの人に知らせることが目的。
    五輪ビーチバレー女子は現在、得点3で順位は4番目。男子も同じく4位につけてる。男女とも今後の挽回に期待したい!


    【今日は『ビーチの日』】の続きを読む

    このページのトップヘ