知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    タグ:MLB


    ⚾やはり強かった!
    【【MLB】スーパースター『大谷翔平・年間最優秀選手』】の続きを読む


    新庄 剛志(しんじょう つよし、1972年1月28日 - )は、長崎県下県郡美津島町(現:対馬市)生まれ、福岡県福岡市南区育ちの元プロ野球選手(外野手、内野手・右投右打)、タレント、実業家、クリエイター(商品プロデューサー、画家、YouTuberなど)、地方競馬全国協会 (NAR)
    287キロバイト (40,522 語) - 2021年10月15日 (金) 06:57


    □これまで日本ハムの後任監督としては、球団OBで今夏の東京五輪で金メダルに輝いた侍ジャパン・稲葉篤紀氏が既定路線。

    ◇実際、球団サイドも稲葉氏との交渉を水面下で進めていた模様だ。しかし、ここにきて状況が急変。

    ◇日本ハムと稲葉氏との間で条件面での折り合いがつかず、交渉は進展していないという。

    ◇もともと日本ハムはフロント主導のチーム作りをしており、コーチ人事を含めたチーム編成などに、これまでの現場の監督は決定権がなかった。

    ◇日本ハムの場合は誰が監督になるにせよ、こうした事情を分かった上で監督に就任してきたわけで、球界関係者の間では「編成権がなく球団のいいなりでは、誰も監督をやりたがらない」といわれていたのだが…。

    ◇稲葉氏との交渉が進まないのはそんな側面もあるとみられる。

    ▷そこへ新庄氏だ。これまで思わせぶりな言動で監督就任への意欲をチラつかせてきたが、日本ハムの後任監督がなかなか決まらないことで「ありえない」存在から候補として急浮上。

    ▷球団が提示したすべての条件をのむというのなら、稲葉氏から方針転換する可能性もでてきた。

    ▷一方、球界内には「新庄の名前が出てきたことで、むしろ稲葉との交渉が進むかもしれない」との声もある。もちろん「稲葉破談→新庄監督誕生」の可能性も十分にありそうだが、果たしてどうなるか。

    【新監督・新庄剛志『日本ハムに復帰?!』】の続きを読む


    菊池 雄星(きくち ゆうせい、1991年6月17日 - )は、岩手県盛岡市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLBのシアトル・マリナーズ所属。愛称はMLBでは「U Say」など。 妻は元アナウンサーの深津瑠美。代理人はスコット・ボラス。 小学3年生の時に見前タイガースで一塁手として野球を始める。
    67キロバイト (9,105 語) - 2021年10月9日 (土) 14:03


    MLBの舞台でもその才能を思う存分に発揮している怪物を怪物たらしめているものとはいったい何だろ??
    大谷が自らのモデルとして追いかけた菊池雄星の背中、母校・花巻東の恩師・佐々木洋監督の教え、そして大谷をそばで見てきた男たちの言葉をひも解くことで、その解を求めてみたい!
    花巻東・佐々木監督が伝える「投資と消費」とは?
    菊池雄星、大谷翔平ら2人のメジャーリーガーを輩出した花巻東の佐々木洋監督は、普段の授業の前に生徒たちに語りかける時間をつくっている。自身の指導バイブル書を用いての0時間目の授業だ。

    そのバイブルの基になっているのが、これまで関わってきた菊池、大谷らあまたのOBを指導して得た、成功への道標だ。

    菊池らの現役当時とは表現の仕方こそ異なっているものの、佐々木監督が特に伝えるのは「投資」と「消費」の話だ。

    『漫画を買うことと、参考書を買うこと。どちらが消費で、どちらが投資なのか。あるいは、ドラマを見る時間と、参考書を開く時間はどちらが消費で、投資なのかということです。
    私自身、昔は投資や消費について考えなかったんですが、何かのアクションに対してのリターンとは何かを考えるようになりました。
    勉強でのリターン。ゲームをしていてのリターン。リターンがないのは消費ですよね。選手たちにはドラマを15話見ていることのリターンはあるのかないのか。人のドラマに感動している時間があったら、自分のドラマをつくることに時間を費やしたほうがいいんじゃないかという話をしています』
    ❝人生は選択の連続だ。今、何をすべきかどうかの葛藤がある中で、その決断が人生を左右する。今の満足を得るだけの消費なのか、将来の何かの役に立つための投資になっているかを考えさせることは、高校生たちにとって貴重な時間といえるだろう❞

    「雄星は、本当に将来への投資をする選手でした。親からもらったお金は、トレーニングの本やDVDなどに当てていました。(埼玉西武)ライオンズに入ってからも、いろんな人と会ったり、トレーニングを勉強したりする時間をつくったり、その姿勢は変わらなかったと思います」
    ❛因みに大谷翔平の言葉に❜
    「僕が中学3年生の時に見た光景がある。岩手県の人が熱狂して岩手のチームを応援していたこと。高校野球で岩手が一つになっていたこと。その花巻東には世界を巻き込み日本中を騒がせたすごい男がいた。だから、僕も雄星さんのように尊敬される選手になりたい。愛されるプロ野球選手になりたい。」ドラフト1位で。僕もドラフト1位で……」

    大谷と菊池は3学年離れている。つまり、菊池が高校3年生だった時、大谷は中学3年生だ。花巻東フィーバーに沸いた、2009年の出来事(※)を目の当たりにした大谷は、純粋に成功するために、花巻東に進学することが近道だと感じ、菊池を目指したというわけだ。
    (※)2009年、菊池を擁する花巻東は、春のセンバツで準優勝、夏の選手権でベスト4進出を果たし、社会現象を巻き起こした。

    大谷がプロに入って成功を収めていくうち、その足跡として注目されたことの一つに目標設定を明確に記した81マスからなるマンダラチャート(目標達成シート)がある。これは花巻東では伝統となっている選手たちにとってのお守りだが、佐々木によれば、大谷は菊池のものをまねていると語る。

    「目標というのは車に乗ってカーナビをセットするように、今日どこへ向かうのかというものです。夢を描いたはいいけど、どうやってかなえるかはわからないので、目標を設置することから始めていくということです。81マスからなる目標設定用紙は、大谷で有名になりましたが、大谷は雄星のものを参考にしていました」

    もちろん、全ての項目を同じようにしたというわけではない。
    菊池のようになるためには、菊池が書いていた目標を参考にしながら、さらにその上の目標を設定して、追い抜こうとしていたのだ。

    佐々木はこうも言っている。

    「正直に言いまして、雄星を指導していた時は、僕自身もあれだけの選手を預かるのは初めてで全てが手探りでした。しかし、大谷の時は、雄星という成功例がありました。だから、雄星の時のまま大谷に伝えました。大谷が上で、雄星の方が下のように世間では言われていますが、もし、彼らの入学してくる順序が逆だったら、僕は雄星のほうが先にメジャーリーガーになっていたと思います」
     ❴花巻から世界へ!❵

    【大谷翔平のお手本『菊池雄星マリナーズ残留』】の続きを読む


    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(27)は3日(日本時間4日)今季最終戦となる敵地シアトルでのマリナーズ戦に「1番・DH」で先発出場し、一回に11試合ぶりの一発となる46号先頭打者本塁打を右翼席に放った。 

    3球目の甘い変化球を捉えた。これでア・リーグトップ48本塁打のペレス(ロイヤルズ)に2本差に迫った。

    打点も日本選手として2007年の松井秀喜(ヤンキース)以来となる「100」に到達した。

    ⚾やはり、大谷翔平は素晴らしい!
    ベーブ・ルースの記録に詰め寄り、日本人としては100打点、松井秀喜に並んだ!

    ⚾来季は筒香嘉智もホームランダービーに加わって貰い多いに盛り上げて、是非、【記憶に残る記録】をお願いしたい!

    【最終戦で見せた!『大谷翔平46号HR』】の続きを読む


    9勝止まりで「2桁勝利&2桁本塁打」は来季以降に! 
    マドン監督「打者に専念を」

    エンゼルスの大谷翔平投手は、10月3日(日本時間4日)に敵地で行われるマリナーズとの今季最終戦に先発せず、投手としては今季を終えることになった。

    ジョー・マドン監督が29日(同30日)の試合前会見で「彼は日曜日(3日)に投げない。
     
    残りシーズンは投球のことはもう気にせず、打撃に専念してもらいたい」と明らかにした。

    指揮官は、大谷との話し合いで決めたことを明かし「今がシャットダウンするのに適したときだと感じているとのことだったから、そうすることにした。

    全く複雑なことじゃない」と強調。この日を含めて今季は残り5試合となる中、「打者・大谷」に注力することを選択。「彼は最後の2登板で非常に力強い投球をし、これ以上得るものはない。

    だから、投げないのが最善のことかなと思う。ただ、もう1度言うが、これは彼と会話の上で決めたことだ」と言い切った。

    ⚾🥎⚾🥎⚾🥎⚾🥎⚾

    なんとも残念な事だ!
    米国のプライド?
    ベースボールの神様は永遠に!
    来季は筒香嘉智も加わり混戦模様になりそうだ!
    投手としての2ケタ勝利を早い時期に期待したい❢

    【残りは打撃に専念!『大谷翔平9勝止まりに』】の続きを読む

    このページのトップヘ